スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
タイヤ  ←タイヤ 【--年--月】の更新記事一覧 →タクシー運賃改定  タクシー運賃改定
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

湯田中温泉旅行

湯田中温泉旅行

いつもの温泉友達と一泊二日の旅に出た。
今回は長野県の『湯田中温泉』

HISのツアーに申し込んでの参加だ!





DSC_3415.jpg
7:40のバスに乗る為に新宿西口でN君&Mちゃんと待ち合わせをした。
先着したので、軽く朝食を食べながら二人を待つ。


春休みの影響か?学生らしき若者がスノボにでも行くのだろう。




DSC_3430.jpg
DSC_3427.jpg
今回、乗車したバス。





DSC_3423-2.jpg
専属モデルのMちゃんと、最高指導者(笑)
Mちゃんには今回もポーズを決めて頂きました。(ありがとぉー)





DSC_3448.jpg
湯田中温泉到着!
ここは共同浴場の『大湯』


共同浴場は大湯、綿の湯、わしの湯、千代の湯、滝の湯、白樺の湯、弥勒の湯、平和の湯、脚気の湯と9軒存在。かつては広く一般に開放されていたが、マナーの悪さにより大湯以外の8軒は地元民および宿泊客専用となったみたいだ。何処の世界も業界も便利な事や、あって嬉しい事等々は一部の不届き者のせいで廃止になったり規制がかかったりするから真面目にやってる側にはいい迷惑だな。
それでも、一部の共同浴場は、毎月26日(風呂の日)に一般客の入浴が可能。
行ったのは26日だったので運良く三カ所の共同浴場に入浴する事が出来た。
DSC_3464.jpg

大湯は、日本温泉協会発行の雑誌「温泉」の第47巻「共同浴場番付」において、西の横綱の道後温泉と並び、東の横綱に番付けられた。西の横綱、道後温泉はいつか行ってみたい温泉。『千と千尋の神隠し』のモデルになった所。そんな温泉と肩を並べる東の横綱『大湯』に入浴出来て幸せだった。(が、ちと熱かった)
温泉街の東部にはかつて湯田中ロープウェイが存在し、ごりん高原スキー場があったそうだ。





DSC_3449.jpg
大湯






DSC_3460.jpg
わしの湯





DSC_3462.jpg
滝の湯




DSC_3445.jpg
共同浴場が建ち並ぶ一本道。風情あっていい感じ。


DSC_3446.jpg
実際に使用されている郵便ポスト。風景に溶け込んでてこれも味があって良かった。




DSC_3459.jpg
大湯の隣に建つ『見崎屋』

DSC_3457.jpg
『創業300年余の当温泉地の最古の旧家で御座います。
現在でも、元脇本陣のたたずまいをそのままに残す旅舎です。
5月には敷地内の竹林より堀りたての竹の子料理を
召し上がって頂けます。宿泊は御予約で承っております。』

と、ネットには出ていたが中をのぞいてみても、営業している様子はうかがえなかった。
N君は『ここに泊まってみてぇー』と、大絶賛してた。






DSC_3489.jpg
共同浴場を背に歩いて行くと、目の前には「湯田中駅』がある。





DSC_3493.jpg
湯田中駅には日帰り入浴施設「楓の湯」が併設している。駅前および梅翁寺前には足湯も存在する。





DSC_3497.jpg
湯田中駅前の『足湯』



DSC_3502.jpg
湯田中は基本的に風呂が熱い!(個人の感想)
共同浴場も三カ所回れたが、実は一カ所だけどうしても入る事の出来なかった熱い風呂があった(汗)







善光寺へつづく…..

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
タイヤ  ←タイヤ 【2014年03月】の更新記事一覧 →タクシー運賃改定  タクシー運賃改定
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。